セリカ ZZT-231

セリカ ZZT-231 SS-2 -DATA-

エンジン・性能

2ZZ-GE 直列4気筒DOHC
総排気量 1795cc
最高出力 190ps/7600rpm
最大トルク 18.4kg/6800rpm
パワーウェイトレシオ 6.0kg/ps

 7代目、セリカ SS-2 形式ZZT231です。

セリカZZT-231は、ライトウェイトクーペのコンセプトどおり、セリカST-202 SS-2に比べて約60kgの軽量化をしています。
 
 エンジンは、新開発の2ZZ-GE、1800ccと排気量をダウンしていますが、その分コンパクトで軽量、3S-GEに比べて10psアップの190psを発生します。

 更に連続可変バルブタイミング機構(VVTL-i)を装備し、低回転から高回転までのフラットトルクを実現した名エンジンだと僕は思います。今は、ターボチューンだけではなく、NAチューニングも注目されていますがこの可変バルタイはいままでのNAに比べて、対費用効果が高くチューニングが楽しいエンジンになります。

 この2ZZ-GEエンジン、なんとロータスエリーゼにも搭載されています。

 トヨタのオリジナル、スーパーストラットサスペンションを装備していて、サーキットでもワンランク上の旋回性能を誇ります。僕個人では、インテグラ・タイプR辺りが対向車主だと思っていますが、遜色ない走りを見せてくれます。


http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3868488
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/5641936
http://black.ap.teacup.com/applet/blackshige/251/d14e12d3/trackback
http://kdrop-zzt231.wablog.com/trackback/?202
http://celicakoh.blog54.fc2.com/tb.php/1-64f72bcb
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/4209221

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。