トヨタ セリカ  〜終焉

4代目トヨタ・セリカST160/AT160系(1985年-1989年)

04celica.jpg

1985年8月、4代目にモデルチェンジし前輪駆動へ大変革となったモデルです。

 FFコロナ/カリーナのフロアパンをベースにしているため、セリカにはコロナクーペとカリーナEDという姉妹車も生まれました。スタイリングは、トヨタでは流面形と呼ぶラインを採用し、その後のトヨタ車にも影響を与えたようです。

キャッチコピーは「流面形、発見さる」。

 1987年10月にはトランクルームを持つ専用ボディーのコンバーチブル(ST162C型)が日本でも正式にラインナップに加わり、3S-FEエンジンを搭載して発売されました。

 コンバーチブルは米国のASC(アメリカン・サンルーフ・コーポレーション=現アメリカン・スペシャリティ・カーズ)によってオープン化改造を行っており、太平洋を往復する生産ラインが後のモデルのコンバーチブルでも継承されています。

※WRCではGroup Bが廃止された後、1987年にトヨタチームヨーロッパ(TTE)はスープラ(前期型・7M-GTEUを搭載し最高出力410ps)にて参戦、しかし成績は芳しくありませんでした。TTEはGroup Aで勝つために5000台の販売規定をクリアした1988年から、ST165型をベースとし、X-TRAC製6速ミッションを搭載したGT-FOURを投入、1990年に、カルロス・サインツの手によって、日本車初のドライバーズタイトルを獲得。

5代目トヨタ・セリカST180系(1989年-1993年)

05celica.jpg

1989年9月、フルタイム4WDを擁するセリカは5代目にモデルチェンジ。プラットフォームは先代をベースとしていながら、サスペンションのリファインが行なわれて剛性が上げられていました。

 1990年8月には、先代同様に輸出仕様車のみの設定のクーペボディをASCによって改造されたコンバーチブル(ST183C型)を追加し、エンジンを3S-GEにグレードアップ。

 GT-FOURには前後ブリスタータイプのオーバーフェンダーによりワイドボディ化されたGT-FOUR A(アドバンス)が登場しました。

キャッチコピーは「WANTED New CELICA」と「スゴズバ New CELICA」。

※WRCで1993年には、宿敵ランチア・デルタ・インテグラーレを倒し、トヨタは初めてWRCのメイクスとドライバーズのダブルタイトルを掌中に収めた。

6代目トヨタ・セリカST200系(1993年-1999年)

06celica.jpg

 1993年10月に発表された6代目のセリカは、より一層高められたスポーツ性を特徴とし、全モデル3ナンバーサイズとなったシャシーは新しい設計で剛性が向上。重量は逆に20kg程度軽量化されています。

 1994年2月には、新しいWRCホモロゲーションモデルのGT-FOUR(ST205型)が登場。WRC仕様車という、国内限定2100台販売の限定車が用意されました。このGT-FOURは、TTEのオベ・アンダーソン監督の意見を取り入れて造られていたようです。

 1994年9月には国内量産型で3代目となるコンバーチブル(ST202C型)を発売。コンバーチブルは後継モデルのZZT230系では市販に至らず、ST202C型が最終モデルでした。

 キャッチコピーは前期型までCMキャラクターに長髪の外国人男性モデルが登場し「セリカの男。」でしたが、中期型以降はデニス・ホッパーが登用され、「セリカは好きか?」というキャッチコピーに変わりました。

※WRCでは、1994年の1000湖ラリーから参戦予定だったST205型ですが車両の開発状況が思わしくなく、オーストラリアでのデビューとなりました。

 1995年にはターボリストリクターのレギュレーション変更が行われたため大型化したボディをパワーでカバーしていたST205型は苦戦を強いられ、更に、カタルニアでのリストリクター違反発覚し、これが基でWRCへの1年間の出場禁止処分がFIAによって下されました。

7代目トヨタ・セリカZZT230系(1999年-2006年)

07celica.jpg

 1999年10月にフルモデルチェンジ。トヨタアメリカのデザインチーム「CALTY」がデザインを手がけたつり目が特徴です。

 新設計のZZT系エンジンは先代から200ccスケールダウンした1800ccとなりましたが、トップグレードSS-IIに搭載する2ZZ-GE型エンジンは連続可変バルブタイミング・リフト機構(VVTL-i)を備え、190馬力を発揮しています。

 GT-FOURのグレードが廃止され、カローラレビン/スプリンタートレノとの統合が図られたこともあって、ライトウェイトクーペへとコンセプト変更、その結果、同グレードのST200系から60〜90kgの軽量化を果たしています。

キャッチコピーは「LIVE LOVE DRIVE」。

CMでヴィンセント・ギャロが妻と出演し、birdが歌う「空の瞳」をバックに「二人だけの世界」をアピールしていました。

トヨタ・セリカ 〜終焉

 日本での自動車に実用性が求められた事もあり、ミニバンやコンパクトカーの需要が高まり、スペシャリティーカー市場の不振の煽りを受け、2006年4月をもって生産終了してしまいた。これと同時に、1970年から35年以上に渡って続いてきたセリカの車名も消滅する事に・・・。

 現在では、セリカ後継のコンセプトも存在しているとか・・・ 

是非、セリカ復活に期待したいものです。


http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9567526
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9564018
http://gosujimsama-.wablog.com/trackback/?373
http://www.liber-blog.jp/mt/mt-tb.cgi/42
http://www.tatsunori.com/diary/tb.php?ID=1243
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10216315
http://cardouga.blog51.fc2.com/tb.php/254-792a0b2f
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9947567
http://take100.asablo.jp/blog/2006/11/21/962574/tb
http://hello.ap.teacup.com/applet/supergt/244/be5e126a/trackback
http://nyantonio.blog45.fc2.com/tb.php/137-eadfbbcd
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9507570
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1376968

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。