セリカ ST205 GT-FOUR

ST205セリカは同じGT-FOURの名を冠していても、ST185セリカからの大幅なパワーアップを果たしました。

 ノーマルでST205セリカはST185セリカから30psアップ、同じ3S-GTEエンジンとは言え、中身は別物のようです。

 エンジンの耐久性が非常に高く、ノーマルのままでもブースト1.0を超え400ps付近までは余裕があるとの事。ゼロヨンがはやっていた頃、600psオーバーのst205セリカを見たことがあるのですが、本当に速い!! 

※4輪駆動なのでゼロヨンにはもってこいだったのかもしれません。


 この3S-GTE、相当評判のいいエンジンで、まず、エンジンの耐久性が高いのでチューニングがしやすい、その反面、熱害があるので冷却対策が必要などの問題もありますが、一時はスーパーGTのGT500スープラが積んでいたほどのエンジンです。


 ただ、サーキットでの走りはどうなのかというと、やっぱり重たいのがST205セリカ・・・ 車重のせいかブレーキ、コーナー共に苦しいようです。最新の4WD、インプレッサやランエボのような電子制御デバイスが無いためにサーキットでは不利な側面もあり。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。